mizo's diary - Red -
DUCATI 1198s乗り、mizoのカオス日記。 紅い悪魔に今日も振り回される!!
プロフィール

mizo

Author:mizo

のTwoTopに今日も振り回される!!
[ 紅 ] Red Side:
1198s Side→
DUCATI 1198s 乗り、mizoのカオス日記。
ドカ以外のバイクの話題はBlue Sideにて。

[ 蒼 ] Blue Side:
GSX-R750RK Side↓
http://www.geocities.jp/mizo916/
日常に起こる色々なネタはBlue SideのDiaryにて展開中!
暇つぶしにどぞ。

どちらもお気軽にコメントください♪










最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


初サーキット!
1198sで初めてサーキットを走ってきました!!!

DUCATI初サーキット!
996R時代に一度富士へ走りに行ったものの、雨で断念という苦い思い出が....。
今回も天気が微妙で、どうなる事かと思いました。

予報では午後から崩れて雨。

タイスケでは昼前に1本走り、残り2本は午後。
さぁどーかなー!?

今回はへっぽこ91さん・ケンさんと3人で行く予定が、へっぽこ91さんのマシンが間に合わないという事でキャンセル。
しかし既に申し込み後の話....。
勿体ないのでケンさんに代わりに走りたい人いない?と聞いてみた所、一人見つかりました!
普段なかなか都合が合わない方らしいのですが、今回は一発OK!
へっぽこ91さん良かったね~♪

さて、9:30現地集合と言う事で念のため6時起き。
2時間見ておけば大丈夫だろう!
珍しく朝食(と言ってもコーンフレーク)を摂り、ブルーベリーに水をやって7:00出発!

東名はそこそこ混んでいたが、FSWに着いたのは8:00....。

は・早過ぎた....orz


CA390115.jpg

天気は予想に反してこの通りいい天気。
素晴らしい!!!!
これはやはり、日頃の行い!?


CA390114.jpg

調子に乗って写真撮りまくり.....。
デジイチなら背景ボケて綺麗に撮れるんだろうなぁ~。

とかいいつつ、実はすぐ脇にDUCATIレーサーを整備してる方々がいて、あんまり大っぴらに撮りまくるのも気が引ける状況で....(苦笑


P1040041.jpg

ホントはせっかくの片持ち、反対側から撮りたかったんだけど、車体の向きを変えてまで撮りまくるのもちょっと....(^-^;
しかもツナギ姿でこれから走りますって感じなのに(笑


P1040042.jpg

そーいや最近富士と言えば雨だなぁ。
去年キッシーの最終戦応援に来た時もたしか台風で、ここから見ても分かるような川が出来てたし。

こんな天気なの、脚周りの決まってないRKで走りに来て以来だな~。

そんな感じで時間をつぶし、時間になった所で集合場所へ。

しかしケンさんはまだ到着していません。

ん~、大丈夫かなぁ!?


ほどなくしてケンさん登場!
お連れの方も到着。
20年ぶりのサーキットに、ケンさん大興奮(笑

挨拶もそこそこに、マシンのテーピング、ブリーフィングとこなし、いよいよ一回目の走行。
ブリーフィングの間にサッと雨が落ちてきた時にはどうなるかと思ったけど、何とか大丈夫そう。

今回のクラス分けは、先導付き・初級者・レーサーという区分け。
そして申し込みのタイミングで、初級に空きがなく、レーサークラスに組み込まれていました....

まぁ、上手い人なら適当に抜いてってくれるし、抜くに抜けなくてストレス溜まるよりいいか~!
と割り切って走る事に。
...でもなぁ、やっぱり抜かれまくりってのも怖いぞ。
レーサークラスと言うだけあって、保安部品のないレーサーばっかりじゃん。
当てられてぶっ飛ぶのもイヤだなぁ。

そんな不安の中、走行スタート。


???

なんか、遅い人がいっぱいいる....。

1周目で相当抜いた。

そっか。
私と同じようにあぶれてこっちに組み込まれた人がたくさんいるってことか。

なんだかフラフラ走ってるのを一生懸命よけながら走りました(苦笑
遅いのはいいとして、やたらライン変える人がいて怖い....(T-T

ケンさんはいつの間にか後ろにもいなくなっており、どうしたのかと思ったら、しばらくしてバックマーカーの後ろに付いてしまってマゴマゴしている隙にスパッと抜かれました。
ついていって引っ張ってもらおうと思ったのに、車速が落ちてしまっていたのであっという間に離されてしまいアウト。
連れの方もなかなか速く、綺麗に乗ってました。

20分間無事走り切り、昼食タイム。
ケンさんになんで後ろから消えたのか聞いたら、広過ぎてドコを走っていいかわからなかったらしい(笑
コース図と印象が全然違って焦ってたそう。

SCUDERIAのケータリング(?)サービスで、カレーライスをいただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

食事を終えたら一気に眠くなり、寝転がってお昼寝(笑

二回目の走行が近づいて、車両の所に行くと、左に黒いGSX-R1100Mが止められていた。

ん~。
どこかで見たような....。

ん?TMR-MJN。
リアルスピードのステッカー....。
傍に立つクシタニツナギの男性....。
やっぱり。
なんずはんさんだ!

声を掛けたらBINGO!!
ビックリしてました(笑
仲間の方と走りに来ていたそうです。

そういえば、TAKE4さんも来てたはず....。
....と思ったら、目の前のピットロードを1198sが。
あっ、アレきっとそうだ!

面白いなぁ。
ドコでばったり会うか分かりませんね(笑

そして2回目の走行スタート。

ケンさんは先に並んでさっさと行ってしまっていました。
こちらもようやくペースを掴み始めて、乗れてきた感じ。

前になんずはんさんの1100Mが見えたので、頑張って追いかけました。
ん~、後ろから見てると走り込んでるだけあって綺麗に乗ってるな~。
膝も擦りまくりだし。

ん~?
なんで同じようなペースで走ってるのにこっちは擦らないんだろう。
身体が硬いのか?フォームが悪いのか?


なんか試行錯誤しながら走っていると....。


念願の(?)初「でかいバイクでサーキットで膝擦り」(笑


ヘアピンでカリッと。


おー。
やっと擦ったよ。

そこから何か掴んだのか、ペースが上がりました。

でも前の方でBMWに引っ掛かってしまったなんずはんさんが抜きあぐねて四苦八苦してる....。
こうなると私の腕では前には出られない。
たぶんあれが抜ければ二人でいいペースで走れたんだろうなぁ。
1周半ほどその状態でいると、チェッカー。

テントに戻って水分補給していると、グリースモンキーの原田さんに色々興味深い話をしていただいて....あれれれ!?
世の中狭いのね~な話まで。


そうこうするうち最後の走行の時間が。

雲は濃く、パラパラと時折雨は落ちるものの、路面はドライのまま。
午前中の好天で路面温度が高く、すぐ蒸発しちゃうみたいです。
気温は山の中だけにそれほど高くなく、台風の影響か風も少しあるので過ごしやすい。

最後の走行は回りに知り合いのいない状態で。

大分コツを掴んだのか、そこら中で膝が接地。

ん~、楽しい!!!(笑

残念だったのは100Rで擦れなかった事。
速いペースで走りながら人を抜けるようにならないと多分無理。

たくさん抜けて気分は良かったけど、挙動不審な人が多くて怖かった。
出来れば自分よりちょっと速いくらいの人に付いていきたかったなぁ~。

最後の最後で雨脚が強くなってきて、このタイヤでどこまでいけるか分からなかったので調子に乗ってすっ転ぶ前にピットに入る事にしました。
ピットロードに入った時、チェッカーが見えた(笑
ま・1周欲張って最後に転ぶのもバカらしいし、いい判断と言う事にしておきましょう!

や~楽しかった!

ここから少し雨が強くなってきたので、急いで撤収することにしました。

店の人に挨拶して、ケンさん・連れの方とも挨拶して。


お疲れ様でした~。



P1040031.jpg



関連記事
スポンサーサイト

ちかりた~
先程帰ってきました~。

天気もなんとかもって、楽しく走れました!

今は一杯やって、これから風呂入ります(笑

あぁ、至福の時♪


レポはのちほど....。


関連記事

タイヤ交換
一回目のタイヤ交換。

4,170km時。

フロントタイヤ:サイドのスリップサイン露出。センターあと少し。
リヤタイヤ:サイドのスリップサインあと少し。センターあと1,000km位もちそう?

リヤタイヤがもったいない気もしたけど、セットで換えないと気持ち悪いので、前後とも交換。


作業はいつものSpeed☆Starさんで交換してもらいました。

ここは作業が丁寧で速く、値段もかなり安いのでお勧めです。
前回はRKにDiablo CorsaⅢを入れてもらいました。


今日は時間もなく面倒だったので、在庫も確認せず飛び込みで行ったんですが、残念!

今回はOEMと同じ、DIABLO SuperCorsa SPで行こうと思っていたのが在庫切れ。
奥多摩に行った時、思ったより曲がらなかったのが乗り方のせいなのか摩耗したタイヤのせいなのか確かめたかったので同じタイヤにしたかったんだよね~。

DIABLO SuperCorsa SC2は在庫あり。

そもそもDIABLO SuperCorsa SPってあまり売れてないらしい。
SP行くくらいならSC(プロダクションタイヤ)行っちゃう人が多いそう。
価格もほとんど変わらないし、かなりしなやかなタイヤで温まりも早く、ペースが低くてもそこそこグリップするとのことで、お勧め!と....。

ライフはどうなんじゃい、と思ったけどあまり変わらないと言われた上、明日走りに行くのでいずれにしても交換しなければ話にならないので....コレに決定!

いつものように手際よく交換作業が行われていきます。


CA390113.jpg

お~!
初めて1198sのリヤタイヤが外された所を見た!

あっという間に交換が終わり、清算。

たまたま謎のOZAWA T-シャツを着ていたので、「小澤さんの所に行かれているんですか?」と声を掛けられ....「はい!Kissyもオトモダチですよ~」と言ったら少しまけてくれました(^-^)v


一皮剥けるまではお気をつけて~と送り出され、店を出ました。

バイクにまたがると、脚が届かない(笑
5mmも変わってないと思うんだけど....レースタイヤはタイヤハイトが高いのか!?

慎重に走りだすと、滑る感じは特になし。
お。ちゃんと丸いタイヤは挙動が穏やかだな~(笑

三角になったタイヤだったので、なんだか落ち着かないハンドリングだったんだけど....元に戻りました。


P1040027.jpg

生まれて初めて(笑)のプロダクションレースタイヤです。
ストリートタイヤではついている、トレッド端のあの挑戦的なトライデントマークがありません。
たぶんコース1周したら無くなっちゃうからでしょう....。


さて、この宝の持ち腐れタイヤ、どのくらい持つでしょうか!?


早くも次のタイヤを考えてますが、次はDiablo CorsaⅢかな~。
BT-016も気になるけど、BSは003をはじめちょっと固いらしい....。
タイヤ自体も重いらしいので、多分次もPirelliかな。

ゲッターPower Oneは相当ライフ短いらしいし、もともと私のようなヘタレにハイグリップはいらん!派だったので....。




関連記事

帰ってきたイチキュッパ
イチキュッパって....ねぇ。 我ながら....。

コレか!?




さてさて、ドナドナされていった1198sが帰ってきました!

イイ子にしてたか~(T-T


いつものごとくストアマネージャーが秘密基地まで運んで来てくれました。
いつもありがとうございますm(_ _)m
助かるなぁ~。

昨日は大阪まで日帰りで納車に行ってたそうで。

ご苦労様です。


んで、車両は今回正規DUCATIディーラーであるドゥカティ川崎にてリコール作業されたそうです。

預けに行ったら「忙しくていつになるか分からん。出来上がったら連絡する」って言われ、引き取り予定の今日、仕事が終わる頃になっても連絡がなかったので電話してみたら「とっくに出来上がってるよ」と言われてプチキレそうになったそうです(苦笑
たぶん個人客じゃなかったからこその対応だとは思うけど....。


3件あったリコール案件は、右フォーク交換とフューエルパイプ配管クリップ取り付け位置修正の2件だけで、インジェクターカプラーは問題なしだったそうです。

ふぃー。


P1040007.jpg

新品の右フォーク。
いかにも新品~!って感じですね。
綺麗にしようと努力している左側と比べても、明らかに綺麗。

そしてキャリパーも左右とも清掃されて組みつけられていました。

OZAWA製ストロークセンサーも無事移植されていたし。
ちゃんと外し方わかったのね~。って失礼かm(_ _)m


P1040006.jpg

問題のクランプ部。
当然のように何も塗られていないんだけど、OZAWAに通ってるとそんなトコまで気になる....(苦笑

ボルトヘッドが今までは数mmめり込んでいたのに、今回交換されてたフォークはめり込んでいない。


P1040011.jpg

ちなみにこれが左側。
右と比べると加工穴の深さも位置も違う事が分かる。
強度的には安心なんだろうけど、わずかとはいえ左右のアンバランスは解消されてないわけで....いいのか?

というわけで、無事初体験のリコールも終了。
数千km走ったら左右まとめてO/Hしてもらおうっと。



関連記事

目の保養
ある日の夜、SCUDERIAへ行った時の事。

店内に見慣れないバイクが....。


P1030972.jpg

そういや写真で見た事はあった。

NCR MILLONA

そのミローナの3つあるバリエーションの中の最高峰、One Shotが目の前に....。

当然デモ車と思い眺めまわしていたら、なんとオーナーがすぐ傍に!!!

いやーすげー。
こんなの買っちゃう人いるんですね~。
D16RR買う人より凄いかも。
(ちなみにお値段55,000€)

しかし驚くのは値段ではなく、その車重。

130psの1,100cc空冷L-Twinユニットを搭載しながら、車重110kg!!!!!




....なんだそれ。


110kgって。


パワーウェイトレシオ、0.85kg/psですよ!?
奇しくもレースキット装着のD16RRと同数値。
ライダーの体重を含めると差が出るとはいえ、1を切るのはなかなか大変なことを思えば相当凄い。

未体験の車重。想像がつきません。

軽い空冷L-Twinとはいえ、125ccのエンジンとは重さが違うはず。
レーサーのたとえ話として、よく125ccの車体に750ccのパワーとか表現されるけど、ちょっと違うかも。

実際YZF-R125が126kgで、MILLONAに保安部品を付けたらその位になるとしても、タイヤなんて倍くらい太いし、エンジンも重いだろう。
そうなると起こした時の体感は下手すると125より軽いんじゃないか!?

そんな事を話していたら、オーナーさん、「スタンド外して振ってみていいですよ」と。

えっマジすか!?

っと思わず頓狂な声を出してしまった(笑

スタンドを外して、ハンドル持って左右に振ってみると....。

....おかしいです、コレ。

重さがないって言うか、現行のCBR600RR振ってみた時以来の衝撃。
衝撃度はあの時の比じゃないけど....。

小刻みに左右に振っても、慣性を感じない。
燃料入っていないからというのもあるだろうけど、異様に軽い。

写真撮影とblogへの掲載許可も頂きました。


P1030973.jpg

およそ自分とは縁のないマシンのツーショット。
奥のVYRUSは車検取ったら乗らせてもらえるかも♪


P1030974.jpg

実はレーサーです。
しかしオーナー、保安部品付けてナンバー取ろうと企んでます!!!
こんなの伊豆箱根で乗ったら楽しいだろうなぁ~。


P1030982.jpg

L-Twinならではのスリムさ。
アップマフラーなので余計な張り出しがなく、ますます細く見えますね~。
ZARD製のチタン/カーボンフルエキゾースト。


P1030977.jpg

この軽さにモノブロックのbremboレーシング。
死ぬほどのブレーキングGを体感できる事でしょう(笑
フォークボトムの肉抜きも徹底的。

良く見ると軽量化のためにカムカバーもドライカーボン製。


P1030976.jpg

リヤもレーシング。
アクスルはナットレス構造。
RKにもこれ作ってもらおうかな~。

しかしウェーブローターは軽いんだろうけど、見た目がどうも好きになれない....。


P1030978.jpg

DSエンジンも内部まで手が入っており、シリンダーはセラミックコーティングされている....。
カムが変わっているので、ついでに(?)カムプーリーの固定ボルトもチタンボルト化。


P1030979.jpg

NCRのマグカバー、チタンクラッチカバー、スリッパークラッチ(は、EVRのOEM)で外観を飾っている上、中身もほぼすべてに手が入っているそうです。

ポジポリー二の傘下に入ったNCRらしく、ステップまでもチタン製。

P1030980.jpg

ステムも当然NCR製。
肉抜きが凄い!
メーターはAIM製。

ドライカーボンのカウル(タンクも)といい、チタンボルトといい、そこら中で徹底的に軽量化。

フォークがFGRじゃないのが意外と言えば意外。
ここまでの高価格車なら逝っちまっても良かったんじゃないかと思うんだけど....。


P1030975_20090824151943.jpg

タンク横のグラフィックはカーボンタンクの地が出ています。

いや~、図らずもすんごいモノ見せてもらったわ。



関連記事

ドナドナ....
1198sがまたまたドナドナです。

今度は、リコール。

右フロントフォーク交換と、インジェクターのトップキャップ交換と、フューエルチューブの交換らしいです。

SCUDERIAでトランポに積み込まれ、DUCATI川崎へ旅立って行きます。

4,000km走行して、フォークオイル交換しようかな~と思っていた矢先の出来事。

左右フォークで使用期間に差が出ることについて小澤さんに相談した所、とりあえずそのままで乗ればぁ~?と言う事だったので、そのまましばらく乗る事にします。

贅沢言えばここでフォークオイル交換して、更にしばらく走行してまた交換というのがbestな気がするけど....。



予定では月曜日に帰ってくる予定。

手元にないとやっぱり寂しいな~。



関連記事

体感
今日は1198sのリコールの打ち合わせに、夕方SCUDELIAへ行ってきました。

たまたま?
HYODのフィッティングキャラバンの人が来ていたので、冷やかしで試着。

自分のと同じ、Lサイズを試着したのに....き・キツイ!!!!!


げぇっ、太ったぁ!?

ホントきつきつのパツパツ。
マジで太ったかぁ!?

試着したのは新作(というかマイナーチェンジ版?)のMINERVA d3o

シャーリングがスエード調の、なんか勘違い仕様(笑

太ったか、3年着た自分のツナギが馴染んだ(伸びた)と言われたが....それにしてもキツイ。

心配になって家に帰って自分の着てみちゃいましたよ。
確かに馴染んではいるけど、どう考えても伸びたという感じではない。
ハッキリ言って仕様変更でサイズが変わったか、縫製のバラつきです。

グローブも同銘柄同サイズをいくつか試着すると、明らかにサイズが違うので、これも多分そうでしょう。

あーびっくりした。


せっかくなので、例のd3o採用のチェストプロテクターを試させてもらった。

チェストプロテクターは最近レースでも必須になりそうな雰囲気なので、どうせ付けるなら安全な方が....と思い、d3o採用のHYODに目をつけていたのだ。


CA390081.jpg

新型のd3o採用チェストプロテクター・HRZ901

謎の衝撃吸収素材、d3o。

メーカーHPの動画を見ても衝撃吸収能力は文字通り衝撃的。

そんな夢のような、眉唾の衝撃吸収素材を実感すべく、営業さんに聞いてみる。


「あのd3oの衝撃吸収のデモのキットって持ってないですか?試してみたいんだけど....。」

「あ、ありますよ~。」


やった!

持ってきたのはシルバーの小柄なアタッシュケース。

開くと、そこには....。


CA390079.jpg

d3oの成型前の原液と、成形品・旧来のスポンジ、実験用ゴムハンマー。

原液はまさに「あの」スライムそのもの。
気温が高いせいかベタベタする。
手で引っ張ると、ぐにょ~んとよく伸びる。

しかし、丸めてガラステーブルに叩きつけるとスーパーボールのように跳ねる。

瞬間的な衝撃には瞬間的に分子が結合して弾性を発揮する・という謳い文句そのもの。

跳ねたのを受け取って、握るとまたぐにゃ~ん。

う~ん。不思議。

そしてビデオで見た、手のひらに載せてハンマーでぶっ叩く!!!!!
あのシーンの再現。

さて....どうなる!?

手の甲に伸ばして載せて、叩く!!!

ダンッ!!

お~。

ダン・ダン・ダンっ!!!!!!

おー!!!

い・た・く・な・い。

叩いている衝撃は伝わるけど、全然痛くない。

さらに、「こうするとよくわかりますよ。」という営業さんの声で....。


CA390080.jpg

d3oで指を包んで....叩く!!!!

ドン!ダン!ドン!!!!

「あ~、ガラステーブル叩き割らないでくださいね!」

ストアマネージャーに怒られた(笑


お~。
全然痛くない。

試しに外して直接指を....トン。

....軽くでも痛い(T-T

d3o、凄い!

自分の旧型限定のALTISでもd3oシステムコンポーネントへのアップグレードができるので、時間見て出そうと思います。

既製Lサイズ用のアップグレードキットは現在在庫があるそうなので、即日対応できるらしいです。

いや~、いいモノ体験できたわ!



関連記事

今更ながら....
先月の修行ツーリング、レポUPしましたぁ。

参加の皆様、お疲れ様でした~♪

P1030876.jpg



http://mizo916.blog31.fc2.com/blog-entry-122.html

http://mizo916.blog31.fc2.com/blog-entry-123.html


関連記事

Stand Up!
Nap's夏のスーパーセール。

普段は安くないけど、セールの時だけはきっちり安くしてくるので、ついつい買い物してしまいます(笑

今回やっちまったのはコレ。

J-Tripの1098系用簡易フロントスタンド


P1030927.jpg

25%Offからさらに10%Off。
取り寄せ品もOK!

フロントスタンド、ホントはステムで支持して持ち上げるタイプが欲しいんだけど、DUCATIのSupterBike系はステム下に穴が開いていないので、よくあるフロントスタンドは使えません。

J-Tripからは出ていないし、どこかで出ている垂直に上げる奴はちょっとでかくて....。
とりあえず、ホイールの清掃が楽になるようにGetしてきました。
いずれ削り出しのステムに交換して普通のフロントスタンドを....(嘘


P1030923.jpg

ウレタンローラーが付属。
リヤスタンドは展示品を買ったので気付かなかったけど、組み立てられていないのね。

なんか部品が足らないような....。


P1030924.jpg

このローラー、ベアリング内臓かと思っていたらドライベアリング(というかブッシュ)だけでした。
しかもスラスト方向の動きを規制するものはなにもなくて、固定用ボルトの頭で抜けないようにしてるだけ。ワッシャーもついてきません(苦笑

そこまでコスト削減しなくてもいいのに....。


P1030925.jpg

ちょうどいいワッシャーがなかったので、とりあえずそのまま。
カジリ防止にグリス代わりにスレッドコンパウンドを塗っておきました。
やっぱりスラストワッシャー入れたいなぁ。


P1030926.jpg

車体側のL字受けも、何故かスタンド側は四角。
なんか意味あるのかな?
溶接が楽ってだけ?

とりあえずこっちにもスレッド塗って。

eクリップの向きも気にしてみたりして(笑

さて、組んだ所で車体にあてがってみると....。



ん??


幅が合わない....。

幅広過ぎ。
目視で50mmは広い。
このまま掛けたらちょっとした事で外れそう。

そんな時は少しも慌てず。
構造からして手曲げで幅を狭めれば....。

グイッと。

ありゃ。意外にあっけない。

ちょうどいい幅まで狭めると、ローラーや受けがが並行じゃなくなってしまい、スムーズに動かなくなってしまいました(T-T

おいおい....1098系専用じゃなかったのかよ....。

設計ミス?
誰も使って気にならないのかな~?

1198になってフォークスパンが狭くなったなんて情報ないぞ。

こりゃートホホ会員No.27認定かぁ~!?


気を取り直してStand Up!


P1030929.jpg

立った、クララ(誰だよ)1198sが立った!!!


ん~っ、これでフロントホイールの清掃が楽に....。

他にできることと言えばホイール持ち込みでタイヤ交換とか!?
マグ鍛Getして峠用とツーリング用で使い分けるとか!?

それくらいしか思い浮かばない....。

やはりステム下で上げられないとフォークの内圧調整もできないし、不便ですねぇ。



トホホ....?



あっ、でもスタンドのおかげで気付いたこともあった。

噂通りブレーキの引き摺りがかなり。
フロントホイールがこんなに回らないの、初めてだ。
そう言えば走行時にブレーキリリースしてもしばらくパッドが当たってる音がしてるもんな~。
ここは情報通り、パッドスプリングの効きを減らすしか....。



関連記事

4000
1198sが4,000km走行を迎えました~。

前回3000km時からちょうど1カ月。
普段乗らない割にはいいペースかな?


CA390077.jpg

白いバックライト。
ちなみにチタンコートのシールドを付けているので、走行中の自分にはもっと黄色く見えます。


昨夜D3へ行く途中の出来事。
インター入り口手前で3999を表示したので、写真撮ろうと待ち構えていたら....インター手前では変わりませんでした。
仕方なく入り口を通過して、4000を表示した所で路肩に止め、携帯でパシャリ(笑

4000という数字の右上、TOTALの表示。
うぉ~、4000kmも走っちゃったよ~(ToTと、1198sが泣いているようです。

でもまぁ、月に3,000kmも走る人に比べたら全然だな(笑

ボチボチフォークオイルの交換を考えた方がいいのかな。
あ・でもリコールで右フォークの交換もあるんだった。
さてどうしたものか....。


関連記事

DDAの疑問
Ducati Data Analyzer、通称DDA。

別名嘘発見器(笑

ふと、こいつはSpeedどっから拾ってるのかな?と疑問が生じ....。




....テストコース行ってきました(笑


結果。

多分、おそらく、メーター。
というか、ECUに車速入っててそこから拾ってるとすれば、既にメーター用に補正された数値。



dda01.jpg

テストコースではレブランプが点滅しっぱなし(T-T
メーター読み250チョイ辺りで点火と燃料カットされて不快な加減速を繰り返し.....。
ロガー上で260km/hの最高速を記録してます。
計算上8,880rpmは回らないと出ないはず...。

ま、実速だろうが表示速度だろうが気分的なものなのでどっちでもいいんですけどね(笑


dda02.jpg

ちなみに自慢の"ソフトリミッター"で急加速中は少しだけ余分に回ります。
今回記録の8,383rpm。
そういやスピードメーターは8%甘いと公表されてるけど、回転数はどうなんだろう?
甘くする意味ないから正確なんだろうか。
ちなみにRKのアナログメーターは10%位甘いけど....。

コース上混んでいたので最高速付近は数秒(5,6秒)しかキープできませんでしたが、この辺りの速度では「急」加速できないのでリミッターも8,000rpm前後50rpm程度でしっかり効いてます。


それにしてもロガーのグラフ見てると面白い発見があるなぁ。
アクセル開度99%、その後開度が97%に落ちても回転は上がり続け、車速ピーク時には開度70%、
7,920rpm。(一瞬の事なので暴走しているわけじゃないです。)
その後車速が落ち始め、再度開度90%辺りにしてもリミッターで車速は250km/h近辺をうろうろ。
車速が上がると水温はどんどん下がり、車速が下がるとまた上がっていく。

ちょっと考えればそういう動きは当たり前なんだけど、グラフで目に見えると分かりやすい。


あ~~~~~。

それにしてもリミッターが鬱陶しい!

今日はR1000が絡んできたけど、まわりの車両がいなくなるとすぐ引き離されてしまう(T-T
とりあえずパワーはこれ以上なくてもいいので、回転の伸びをください....orz

あと、タイヤが摩耗していて急激に倒れ込むような挙動が....。
しばらくテストコースを走ればタイヤ丸くなるかな(笑


関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。