mizo's diary - Red -
DUCATI 1198s乗り、mizoのカオス日記。 紅い悪魔に今日も振り回される!!
プロフィール

mizo

Author:mizo

のTwoTopに今日も振り回される!!
[ 紅 ] Red Side:
1198s Side→
DUCATI 1198s 乗り、mizoのカオス日記。
ドカ以外のバイクの話題はBlue Sideにて。

[ 蒼 ] Blue Side:
GSX-R750RK Side↓
http://www.geocities.jp/mizo916/
日常に起こる色々なネタはBlue SideのDiaryにて展開中!
暇つぶしにどぞ。

どちらもお気軽にコメントください♪










最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お世話になりました
 
多分今年最後の更新です。


会社のオバちゃんが見ていた来年の占いによると、私の運勢はまずまずのようですが....さて実際はどうなるでしょう?
まぁ何があってもいつも通り楽観的に行きたいと思います。





さて今年最後の1198sネタ。

今年は1198sのエンジントラブルがあったりして年初の目標は脆くも計画倒れ。
引き続き来年も頑張りたいと思います(^-^;


バッテリーが当たりなのか、1198sが改善されているなのか。
996R時代はバッテリー上がりに悩まされたもんですが、1198sはこの2年問題なし。
寒くなるとさすがにクランキングが重くなったりしますが、今のところバッテリー交換を考えるような事態になってはいません。

ドカも少しずつトラブルが減ってきているんでしょうかねぇ~。


それでもバッテリーって、たまには補充電をした方がいいって話しだし、よくよく考えると最後に充電したのいつだっけ?って感じなので、今年最後に充電してやることにしました(^-^

充電はバッテリーからシートカウルの小物入れまで充電カプラーを延ばしてあるので、カウルをばらすことなく充電が可能。


....。


あれ?


小物入れの中にカプラーがないよ。


....。

あぁ。そうだった。

SCUDERIAでETCを取り付けてもらったときに外されちゃったんだった。

ん~、仕方ない。



カウルバラして....。




IMG_2803.jpg

充電開始!

トリクル充電器なので、つけっぱなしで補充電し続けてくれる便利モノ。





ホントはサルフェーション対策のパルス充電機能付きのが欲しかったんだけど、お値段が....(T-T





....ほぼ3倍のお値段。

一度買ったら多分壊れることもほとんどないでしょうから、今から買うならこちらの方がお勧めです。
私がトリクル充電器を買った頃には確かまだ工場向けの高価で大きいものしかなかったはず。

ふー。
それにしてもカウルを外すのが面倒。
このサイドの一枚外すだけでクリップ2個、ボルト11本を外さなければなりません。
来年こそは、例の計画を....。

これでバッテリーを万充電にして、無事年が越せます(^-^




....あ。

洗車してないや....orz

コレ書いたらやるか....。







本年は色々とお世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします!m(_ _)m

よいお年を~(^-^)ノシ






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


フライング
 
BikersStation 2011年2月号、早くもOZAWA R&Dに入荷しています♪


IMG_2793.jpg

今年の表紙は真っ白で行くのかという予想を見事に裏切り....orz

この配色だとちょっとタイトルが目立たないですね(^-^;



特集は前号から引き続きサスセッティング特集。

先月号の特集は読者からの反響がかなりあったようで、それに対する回答を座談会の形で答えています。

これを読んでわからない所があれば引き続き質問を受け付けているそうなので、ぜひ疑問をぶつけてみてください。
編集部へ電話で聞くのもOKだそうです。
時間が空いている時ならばじっくり話してくれるそうですよ(^-^


前回の誌面で電話お断りと書いたのは、あくまで小澤さんの店に対してで、編集長へは構わないそうです。

じゃぁなんで小澤さんがダメかは....分別ある大人の皆さんならお分かりかと思いますが、小澤さんはこの理論を元に作業をして、その工賃を戴かないと飯が食えないからです。
実際あの号が出てから「このバイクのバネレートと初期セットを教えろ」というような電話がかなり掛かってきているようです。
でも個別の車種のデータは店にはありません。
まだサスセッティングの依頼の件数はそれほど多くないからです。
ここのところ急激に増えているようですが(笑

さすがの小澤さんも、足回りは乗らなければわかりません。

逆に編集長は個別の車種の情報はない代わりに、質問が来る時点で飯の種である雑誌は売れて(読まれて)いるわけですから問題ないというわけですかね。



特集にはkaba(d-mon)さんの投稿も掲載されていました。
 
kaba(d-mon)さんと言えば、お世話になったDUCATI浜松のHPを見ていたら、どこかで見たような1198sが売りに出ていました。

1198_S.jpg

これは間違いなく彼の車両。まだ2,600kmしか走ってなかったのね....(T-T

bimota DB5Cが気になる、と言っていたので、きっと買い換えたのでしょう。
あんなに手を掛けていたので、気に入っているんだと思っていたんですが。

彼とは彼のblog記事にお世話になっているお店に対してそれはないでしょう!?という事が書かれていたので、それを指摘した所それが気に食わなかったようで、私の前から姿を消してしまったので疎遠になっています。
まぁ、元気でやっているならそれでいいんですが....。

この1198s、転倒歴はありますが、サスのセットは出ているし色々手が入っているので、いじるつもりならお買い得だと思いますよ。



....ちょっと脱線しましたが、2か月連続でサスセッティングの基礎というか概念というか、巷でほとんど理解されていない話をたっぷりと掲載しているBikersStation。

かいつまんで読んでも誤解が増えるだけですよ(^-^;;;
私も小澤さんに何度も話を聞いて、実際試してみてようやく少しわかるようになってきたという感じですから。

興味をもたれたら、この年末の休みに2冊揃えてじっくり読まれることをお勧めします(^-^
走りこめない季節に、ちょっと勉強しておくのもいいと思いますよ~。

大昔、天動説が定説だった時代に地動説を唱えたコペルニクスの気持ちがほんのちょっとわかる気がします(笑




  
 2月号は27日発売!
 1日でも早く読みたい方はOZAWAへGo!(笑






関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


今日のOZAWA R&D
 
店には凶悪な刀の他、1098sが入庫していました。




CA390591.jpg

車検&足回りセッティングだそうです。

これもBS誌効果かな?
最近ドカの入庫が多いですね(^-^
ココ見て来てくれたのなら嬉しいな♪



スタンダードの1098系はサーキットでの走行に重きを置いたピンポイントセッティングなので、OZAWAセッティングに変更すれば街乗りからサーキットまで、どこでも我慢を強いられずに乗れるようになると思います。



一部で誤解があるようですが、BS誌のテストコースの路面はごく一般的な公道の舗装です。

誌面で書かれたミューの低いサーキット対応のセッティングという所で引っ掛かってるのかと思いますが、某研究所の方と小澤さん曰く、とある荷重の幅を使うだけならバネレートが低い方がストローク感を出せるので、ライダーに分かりやすいんだそうです。
BS誌2011/1月号24・25ページのグラフの傾きが小さい方が分かりやすいってことですね。
同じ荷重の幅なら寝ている方がストローク量が多いですから。

だからヨーロッパのサーキットではレートの低いバネにプリロードをガンガンに掛けてその荷重域だけを使う。

当然それを公道に持ってきたら、その荷重域なんてほとんど使わないからカッチカチの跳ねまくる足回り、という評価になってしまう。
それを緩和するためにプリロードを抜いて出荷してるんですね。
初期の1098・1198はまさにこのパターンでした。

でもそうすると、最大荷重に到達する前にフルストロークを迎えてしまう。
よく社外リンクの説明で、2人乗り対応のノーマルリンクで奥で立ち上がってストロークしなくなると言われているのは、実はフルボトムしているんじゃないのか?というのは自分の1198sにストロークセンサーを付けてテストしてみて感じたことです。



BS誌・OZAWA R&Dでは「公道を走るバイクである以上、どんなペースでも問題なく気持ちよく走らせたい。」と考えています。

で、やっているのが今誌面や店で展開しているセッティングなんです。

一般道での乗り心地は無視、サーキットでのタイムを縮められさえすればいいのであれば、推奨セッティングなど無視して自分が乗りやすいセッティングを追求すればいいと思います。
それでも1098はともかく、バネレートを下げられた1198では根本的にバネレート不足だと思います。
フルボトム状態ではそれ以上限界は上がらないし、向きも変えられない。


せっかく高価なバイクを公道で楽しむつもりで購入した方は、峠までの移動やツーリングでの市街地区間で無駄な苦痛を覚えるより、一つのセッティング(+微調整)でどこでも気持ちよく走れた方がストレスが少ないと思います。

もちろん飛ばすことを前提に設計していないバイクと比べれば、当然街中では乗り心地が悪かったり動きがシビアだったりはしますよ(笑
そういうバイクじゃないですから。

どの速度域・荷重域でも(それなりに)楽しく乗れるようにしたい。
そう思われた方はOZAWA R&Dへどぞ(笑

店は川崎にありますが、福島や新潟・名古屋から持ち込まれる方も多数いらっしゃいますよ~(^-^
あ、車両はまだだけど、リヤサスだけ北海道から来られた方もいましたね....(笑





最近このBlogを見に来られた方へ:
私はOZAWA R&Dの営業でもBS誌の編集部員でもありませ~ん(笑
ただ、いいものはいいと思い、それを人に薦めたい・広めたいと思ってるだけですよ(^-^



関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


人生初サイン!?
 
取引先のバイク友達、CBR乗りのケンさん。




IMG_2782.jpg

春にTAKE4さん主催の富士ショート走行会に行って、Mr.BikeBG誌の取材を受けたときの写真。


ケンさんは東京の某峠で長いこと走っていて、阿呆みたいに速い人です。
走りこみの量が違うんだと謙遜していますが、同じ量走ってもあんな走りが出来るとは思えません(笑
ま、ちょっとでも近づけるよう頑張ります。

で、そのケンさんに先日BS誌に載ったことを話したら、早速買ってきて会社で見てたらしいです。
それ以降その会社からの電話は「おい、有名人」....orz

いやいや、全然有名人じゃないし(-_-;

で、ある日営業に行く機会があったので訪問すると、ケンさんBS誌、まだ会社に置いていた。

「サインくれよぉ~」とか言うので、こっちも調子に乗ってサインしてきました(笑




GRP_0022.jpg

ホレ。




GRP_0023.jpg

もいっちょ。

どうせ全国誌で晒されてるのでモザイクはかけません(T-T


ケンさんが
「なんだよぉ~、こんなぞんざいなサインじゃ誰でも真似できるじゃんか~(T-T」
とか言ってるけど無視無視。

大体サインの練習なんてしてないし(笑

むしろ素人がプロ野球選手ばりにサラサラっとサインしてたら逆に怖いでしょうに(苦笑

こんなシンプルなサインのほうが逆に真似できないんだって。つーかするやついないし。


今度からクレジットカードのサインもコレにしようかな(笑









関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


来月のBikersStation
 
「今日のOZAWA R&D」が巷で流行っているようなので、本家(?)はちょっとひねってみました(笑

今日はBikersStationBS誌来月号の特集の取材に行ってまいりました~♪



取材車両は....。




CA390577.jpg

....ではなく、HONDA CB1100!!!

じゃぁなんでコッチに書いたかというと....「1198sのサス仕様変更後の試乗をしたいから乗ってきてください」と言われたので。
エンジン修理中に交換したリヤサススプリングがどうなのか?
小澤さんに山でチェックしてもらうチャンス(^-^



今回私は早朝編集部集合ではなく、「箱根山中某所に10時ごろ」。

ウチからは小一時間で辿り着ける所なので、9時に出発すれば十分間に合う。

持病で早起きがかなりきついので助かります(笑
昨日もシフトで仕事休みだったので、休養もたっぷり。

今回は声を掛けられた時の感じから参加じゃなくて見学で、取材の合間に試乗させてもらえそう....と考えていたんですが、イザという時の為(どんな時だ?)ツナギで向かいました。

ツナギというか、上下セパレートの連結できるジャケットとパンツですが....。

いや、もし撮影なんて事になったら、CB1100にあのド派手なツナギはな~と思って。
黒ならそんなに違和感ないでしょ(^-^


小一時間で着くだろうと8時過ぎに家を出て気付いた。
1198s、慣らし中じゃん!
いつものペースで行けないじゃん!

ヤバい!!!

最高速が縛られている以上、平均速度を上げるしかない。
混んでいようと工事中だろうと、巡航速度は変えたらいかんのだ~!!!
というわで、麓で予定していた給油もキャンセル。

なんとかほぼ予定通りに集合場所に辿り着くと、みなさんお揃いで....orz

まぁでも、遅刻したわけじゃないし、到着は数分前だと言うから良しとしますか。


そこからいつものポイントに移動。
途中、数カット撮影の為寄り道....。




CA390578.jpg


う~ん、デジカメ忘れたのは痛いな。




CA390579.jpg

雲がちょっとかかっているものの、こんな見事な富士山が見えていたというのに....(T-T

ちょっと箱根に来なかった間に、富士山は随分真っ白になっていました。

そんでもって箱根の道も日陰は夜露か凍結か、濡れていたのでおっかなびっくり走行。

この時点で1198sの外気温計は6℃とかだったんですけどね~。
エンジンの熱を拾って大体1℃は高めの表示。

しっかり着込んできたので、さほど寒さは感じない。
普通のグローブなので、指先がちょっと....という感じ。
HONDAの新型グリップヒーターは細身なのでちょっと欲しいかも。


ここで早速CB1100の試乗。

国内発売直後に広報車に乗って以来、その出来に感動、気に入ってしまったCB1100ですが、山で乗るのは初めて。

予想通りの走りを見せてくれるのでしょうか!?



その後いつもの昼食ポイントへ。




CA390581.jpg


これ観光地の山の中で\1,050なら満足ですよね?


腹が満たされた所でこの後の打合せをして、取材ポイントへ。
私は腹をすかせた1198sにご飯をやりに、一度下山しスタンドへ。




CA390582.jpg

本格的に取材開始~。

アレやってコレやって、あぁしてこぅして....。
アッチ乗ってコッチ乗って....。




CA390584.jpg

形はレトロチックなんだけどなぁ~。
ホント良く出来てる。
常識的な(?)速度域で使い切ってる感を楽しめ、それでいて遅くない。

ちょっと手直しすれば、峠でもSSを追い回せる実力がありますよ。
下手なSSはぶっちぎられるかも。

形に騙されると痛い目に遭いますよ~。




CA390583.jpg

このデザインでマフラーが集合なのは、軽量化とコストダウンの意味もあるのかも。
タンク形状はCB-Fっぽいのに、後半はなんで400Fourっぽくしたんだろう。

まーそこら辺はWithMeのCB-Fキットに期待しましょうか(^-^


というわけで、無事取材も終~了~(^-^

どんな記事になるかは、来月号を括目して待て!

CB1100オーナーや購入を考えている方には面白い記事になるでしょう(^-^

峠やミニサーキットで普通のバイクでSSを追い回したい人にも(笑






撤収して自宅への帰り道。

某山中のバイパス道路ですれ違ったトラックがホーンを盛んに鳴らしている。

何だ?と思い走りながらバックミラーで様子を見ていると....。

ホーンを鳴らしたトラックの前方に白い車が!?

「前走車に追い越しを掛けた車が対向車と正面衝突!」という構図に見えたんだけど、確認する間もなく次のカーブが来てしまい、見ることはかなわなかった。

....そして、後続が全く来ない。

ん~、こりゃホントにやっちまったか?


くわばらくわばら。


休憩場所で聞いたところ、ホントにやっちまったらしいです。
巻き添えを食った取材チームは遅れて登場。




あ~そうそう、1198sの試乗は結局小澤さんがちょっと乗って終了。

曰く....「CB1100と真逆の乗り物で、全然わからん!」だそうです(^-^;;;

私も今日はCBばかり乗っていたので、パッと1198sに乗り変えたら全然乗り方が分からなくてまいりました。
凄い前傾だしシートも重心も高いし幅狭いし逆シフトだし....。

そういやぴーなっつ。さんが私はセパハンじゃないバイクには乗れない身体だと思ってたらしいな....。

今日は逆でした!(笑









1月号絶賛発売中~(笑





関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


カーボンネタ
 
そういえば916系にあって1098系にないドライカーボンパーツ。

CM Compositなんて真っ先に発売しそうだと思っていたのに、よほど需要がなかったか?




01041013.jpg
GARUDA HPより>

916系用ドライカーボンヘッドライトケース。

アルミの塊からドライカーボンになったらさぞ軽くなるだろう....。
実際CM製のは300g強しかないらしいです。

でもミラーステーも兼ねてるので、薄く弱くなる分振動で見づらいミラーがますます見えなくなるという話も。
そうは言いつつ、何台かこれを付けている車両を見たことがあり、やっぱり軽そう&カッコいい♪



んで、当然1098系も出るのかと思いきや。

今のところそんな気配はないようです。





しかぁし!

日本のBabyFaceがやってくれました(^-^


1098系用ドライカーボン製アッパーカウルステー!!!




1098cffaringstayl.jpg
BabyFace HPより>

キター!!!


ドライカーボン製でストリート用\81,900だって。
形状のシンプルなGARUDA扱いの916系用ヘッドライトケースが\86,100だっていうから、まぁ安い?
いやいや、あっちはミラーステーが別売りで計\109,200だ!!!

1198系はマグネシウム製だけど、ドライカーボン製のこっちの方が軽いんだろうなぁ。
何gなんだろう。




1098cffaringstaysandr.jpg

ストリート用はちゃんと強度確保のためにミラーステー部分にトラス状の補強が入る芸の細かさ。


う~ん。素晴らしい。

超~妄想が膨らみます(笑



でもでも、もう秘密資金が底を尽きているんですよ....orz

冬棒茄子もやっと支給が決定したけど、スズメの涙で多分行き先決まっちゃってるし(T-T


まぁ、1年計画で購入作戦でも練りましょうかね~(笑


....貯金苦手なんだけど(T-T





関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


New design
 
月刊誌の世界は一足早く2011年に突入。

BikersStation
BS誌
の表紙が予告通り変わっていました。



IMG_2764.jpg

新しい表紙の印象はどうでしょう?
真っ白なバックに写真と、隙間に記事タイトルを流し込むスタイルを取るんですかね?
これはこれで書店で目立ちそうな気がする。

背表紙はこれまでのデザインと共通性を持たせて、本棚で違和感がないようにしてるようですね。
編集長本人に聞いたわけではないけど。


私、何故か今号も数カット出演(?)していますが、取材に参加しているわけではないのでちゃんと自費で買いました(笑

今月の特集はここのところ続いているサスセッティング特集のまとめというか補足というか。


読者の疑問にどうこたえるか?結構苦労して作ったんじゃないかなぁ~。
なもんでもともと文字数の多いバイク雑誌なんですが、今回は強烈に多いです(笑

えーと....コレ小説デスカ?

....ってくらい字が多いので、心して読んでください(笑

ちなみに私はまだ読み切ってません(^-^;

取材の中心の座談会はOZAWA R&Dで行われたんですが、これ行きたかったなぁ。ライブで聴きたかった。
その場に居合わせた(かのような偶然を装ってその時間に現れた(笑)kusi750さんラッキーでしたねぇ~(^-^


ざっくり読んだ感じ、ある程度読者の疑問に答える形にはなってる!?

でも未だサスセッティングは速く走るためだと思っている人が多いことへの回答にはなっていないか?
まぁ、そもそもそう思っている人はこの手の記事は読まないか....。
「飛ばさないからこれでOK」とか、ちょっと違うというかもったいないというか。

最新のCB1100とかCBR600RRとか、街中で乗ったら眼鱗ですよ(^-^
あいつら飛ばさなくても気持ちいいし乗りやすいし、結果速い。
考え方・楽しみ方は人それぞれだと思うけど、最低安全に走れてナンボですよね~。


特集じゃなくて、そろそろ連載という形を取っても面白いような気がするな。







関連記事

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。