mizo's diary - Red -
DUCATI 1198s乗り、mizoのカオス日記。 紅い悪魔に今日も振り回される!!
プロフィール

mizo

Author:mizo

のTwoTopに今日も振り回される!!
[ 紅 ] Red Side:
1198s Side→
DUCATI 1198s 乗り、mizoのカオス日記。
ドカ以外のバイクの話題はBlue Sideにて。

[ 蒼 ] Blue Side:
GSX-R750RK Side↓
http://www.geocities.jp/mizo916/
日常に起こる色々なネタはBlue SideのDiaryにて展開中!
暇つぶしにどぞ。

どちらもお気軽にコメントください♪










最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠征
 
エンジン分解の知らせを聞いて、いてもたってもいられず浜松へ飛んで行きましたよ。

こんな機会、めったにあるもんじゃない!!!



猛暑の収まる気配のないこの夏、子供の夏休みも大詰めの8月最後の土日、エアコンのないACTY....。

東名高速は乗ってすぐから大渋滞。

ノロノロならともかく、完全停止するほどの渋滞。


あづい.....(x_x


飲み物を確保してから乗りこめば良かったと思っても後の祭り。

汗だくになって中井PAで飲み物を買いました。
いまどき車で熱中症になって倒れたらニュースになっちゃうよ(^-^;




CA390480.jpg

途中のPAでおやつタイム(笑

チョコバナナパフェ♪


ここで気付いたのは、日差しが強烈なだけで気温はそれほどでもないという事。
....いや、十分暑いんだけどね(^-^;

木陰に設けられた木製のベンチでパフェを食べていると、秋を感じさせる涼しい風が吹いていました。

生後半年のチワワを散歩させている夫婦がいて、このチワワがまた可愛かった(*^-^*

知らない人でも構って欲しくて仕方ないんだね~。
何度も寄ってきてしっぽを振っていました。



その後渋滞も解けて100km/h巡航が可能に。
4時間もかけて、ようやくドカ浜到着~。
ストマネk46さんがお出迎え。

早速バラされたエンジンを見せていただきました。




P1050402.jpg

うぉ~、壮観!!!

なんか新車発表の技術説明会みたい(^-^;




P1050404.jpg

ピストンヘッドはこんな感じ。

こっちは濃い目だった方。
12,000km走行でカーボンが堆積してますね~。
量はこんなもんなのかなぁ....?




P1050406.jpg

最新の鍛造ピストン!
こんな大径なのにスカートは短く、幅も狭い。
裏面にはこんなにたくさんリブが立ってます。

しかもブリッジ上のリブの奥は穴を開けて軽量化されていました。

RKにもこんな設計の軽量ピストン入れたいなぁ~。




P1050407.jpg

ちょっとギア抜けが多くなってきたエンジンのシフトフォークはこんな感じ。

ちょっと当たりが強いところがありました。

あっ、しまった。
コレもOZAWAスペシャル加工してもらえば良かったか!?
送ってもらおうか....。




P1050408.jpg

今回の大きな原因ではないかと目される、メタルの荒れ。
「爪が引っ掛かる」どころか指の腹で触ってはっきり分かるほど。

これが進行すると地金が出て最後はブロー....(x_x




さて、一通り説明を受けた所で今回の来訪のメインテーマ(笑

面取り作業!!!

そんなのやらせてくれるわけないよなぁ~と思っていたら、ストマネk46さん、快諾してくれました!
秘密主義・形式主義の店が多い中、なんとも緩....いや、大らかな対応!ありがたや~(T-T

「心」のあるショップはきっと伸びると思います。おべんちゃらではなく。



ワークショップの隅に、早速作業スペースを用意していただき、作業開始!




P1050414.jpg

深い逆ピラミッド型のオイルパンを持つTestastrettaEvoエンジン。

996Rは砂型のケースだったので表面はザラザラでしたが、こいつは最新の真空鋳造。
表面もツルツル、内側の鋳肌も綺麗なもんで、バリも最小限でした。

ただ、やっぱり表面加工した切り口は当然そのままなので、鋭利なエッジが立ったまま。




P1050413.jpg

この2枚の写真はすでに面取り終了後ですが....わかるかな~?

かなり綺麗でしたが、やはり何箇所か危険なところがありました。
刃先でつっついたら、ポロっと....。

やらせてもらえてよかったぁ。




P1050412.jpg

こいつを小澤さん直伝の面取り工具でガリガリと落としていく。

内部のバリが熱や振動で落ちることもなくなるし、何より手で持ったときに怪我しない♪

そんなひと手間を加えて来ました(^-^


実際作業中にカバーのエッジで指先を一皮切っていました。
気を付けて作業していたのでホントに薄皮一枚で、翌日には消えちゃう程度でしたが、力を入れていれば出血間違いなし!

これでエンジン組む時のk46さんの手も守ってくれることでしょう(笑




作業が終わったところで、今度はヘッドのバルブ周りのチェックを実演していただきました。




P1050416.jpg

k46さん、ストアマネージャーという肩書なので営業畑の人かと思いきや、コンテストで入賞経験のあるメカニックらしいです。
頼もしいですねぇ~。

今回のクレーム修理も、メーカーからは○万円しか出ないそうです。
全バラにしてそれでは、どう考えても大赤字なんですが....(x_x

「1198sのエンジンを開けるのは初めてなので、1098とどう違うかも含めて勉強の為に...」と言い切るk46さん。
勉強熱心な人は伸びると思います(^-^

そういえばkabaさんが持って行ったBS誌もメカさん達が興味深く読んでいたようです。
地方では本屋にあまり置いてないようですが、他のバイク雑誌とは毛色が違い、某メーカーの開発の偉い人も熟読しているので是非定期購読を(笑




P1050415.jpg

でかくて薄い燃焼室。

バルブスプリングのない(始動時の密着性を確保するスプリングはある)デスモエンジンの場合、バルブシートの状態を簡易チェックできるそうです。

カムがバルブを押していない状態にして、バルブの傘を指で回す。

問題ない(=きちっとバルブがシートに密着している)場合は回りませんが、シートの当たり面が荒れたり減ったりしていると指で回ってしまうそうです。



結果....インテーク側はすべて回りました(T-T


ちなみにバルブスプリングの付いてるエンジンはカムを手で回すことはできませんが、デスモは回せます。
フリクションの少なさと、正確なバルブ作動。
このシステムが万能でない事は他社が採用していない事で証明されていますが、優れた技術の一つだと言えますね(^-^




P1050417.jpg

複雑なロッカーアーム周り。

これでもdesmoquattroに比べればかなりスッキリしたんですけどね。
部品の配置がタイトになった分ごちゃごちゃしているように見えるんだろうな~。

フェース面は特に荒れなどないようでした。ほっ。




P1050418.jpg

見慣れない形状のdesmoカム。
薄いカムが印象的。

ちなみにD16RRのカムはこれよりさらに薄いんです。
(TrestlesさんのHPで見ることができます)

カムシールやタイベルプーリーが付くのが4輪車的。

オープンカムの形状が過激ですね~(@_@
ロッカーアームはレバー比的にはほぼ直押しに近いと思うので。
これもバルブサージングやジャンプの心配のないdesmoのおかげかな?




P1050419.jpg

バルブの当たり面はそれほど減っている感じではありませんでしたが、EX側の一本に凹み(?)が....。

そしてガイドにガタが出ていました。
IN側が特に大きく、再使用は可能な範囲とは聞きましたが数千km後にまた開ける手間を考えたら今やった方が得策と考え、バルブガイド打ち換えの見積もりをお願いしました。

外注だろうけど、ここまでやって貰ってるんだから少しくらいお金落とさないとね(^-^;
それにどうせ全バラなら、フルOHやらずに何をやる!?って感じ?
ついでにDPのシートも頼んじゃいました(笑




P1050421.jpg

そんなこんなで日も暮れて、こんな綺麗な景色が....。

一仕事終えた後は清々しい!(笑

k46さんはこれから長野に出張修理だそうです。タフだなぁ。っていうか若いっていいなぁ(^-^;


いやいや、ホントにお世話になりました。
完成までよろしくお願いしますm(_ _)m






CA390481.jpg

作業がずれ込むようなら一泊すれば?とkabaさんに提案いただいたけど、一つ悪巧みがある(笑)のと、明日は渋滞がかなり激しくなる予感がしたので今日中に撤収することにしました。

最後にお勧めの店で夕食....というか起きてからパフェしか食べてないよ....をkabaさんといただいて。


そう言えばお勧めの店を聞くのに、「何でもいい」はなかったかなぁ(^-^;
ホントに何でもイケる気分だったけど、何系かくらいは言うべきだったか....。

まぁ、本人の好みも含めて、ココ!という所に行ってみたかったので良しとするか(笑



帰りの東名は特に渋滞もなく、秋を思わせる涼しさで快適に帰れました(^-^

しかし睡魔に負けて20分ほど途中で仮眠....。

それにしてもACTY、行きは9.5km/Lを切る燃費だったのに、帰りは16.5km/Lも走っちゃった。
やっぱり80~90km巡航くらいが一番燃費稼げるなぁ。
100km/h巡航は非力なACTYには荷が重いです(T-T



さ~て、明日はOZAWAで悪巧みだ!!!




PS:帰ってシャワーを浴びてるときに気付いた。
右腕だけが車焼け....(T-T




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント
>kabaさん
ありがとうございました~m(_ _)m

おかげでフルO/H+ファインチューンまでいけそうです(^-^

完成が楽しみだ~♪

うちもいつでもどうぞ(笑
【2010/09/01 12:52】 URL | mizo #GCA3nAmE [ 編集]

お疲れ~(^O^)/

壮観でしたね!エンジン!
今度はゆっくり泊まって下さい!
【2010/08/30 09:55】 URL | kaba #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mizo916.blog31.fc2.com/tb.php/285-0ec088df



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。