mizo's diary - Red -
DUCATI 1198s乗り、mizoのカオス日記。 紅い悪魔に今日も振り回される!!
プロフィール

mizo

Author:mizo

のTwoTopに今日も振り回される!!
[ 紅 ] Red Side:
1198s Side→
DUCATI 1198s 乗り、mizoのカオス日記。
ドカ以外のバイクの話題はBlue Sideにて。

[ 蒼 ] Blue Side:
GSX-R750RK Side↓
http://www.geocities.jp/mizo916/
日常に起こる色々なネタはBlue SideのDiaryにて展開中!
暇つぶしにどぞ。

どちらもお気軽にコメントください♪










最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


読んでみた
 
BS誌、欧州車最速モデル王座決定戦。

ほうぼうで「見たよ!」「読んだよ!」「買ったよ!」「立ち読みしたよ!(オイ)」という声が上がり始めたので、恐る恐る読んでみました。

 BikersStation、買ってくださいね~(^-^

 一日あたり29円でたっぷり楽しめます(笑

 これだけカラーページを使って、綺麗な写真を多用してデータも豊富で\880って
 安いと思いません?

 メーカーの人も読んで参考にしているらしいです(笑


ページをめくると....。

う....うわ....。

予想以上の大特集になってる....。


さすがBikersStation。
こんなトコまで測るの!?というとこまで実測データが載ってる。
お約束のモデラーが喜びそうな1/12写真も。


公称169kgの1198s、実測はかろうじて200kgを切る199kg。
他車もそうだけど、サバ読みすぎ!
バッテリーとオイルと水だけでこんなに増えないよねぇ?
アルミタンクにカーボン外装、チタンマフラーでどこまで公称値に近付けるか....。


雨中の走行写真も載っていましたね~。は・恥ずかしい....(=_=;

ツナギは修理に旅立っていたので、今回はRSタイチの革ジャケット+革パンでした。
後日この撮影に関して、編集長に飛ばし過ぎ!と怒られてしまったんですが、あんなタイヤでも全く恐怖感なく走れたんですよ。
むしろ一番遅いと思って走っていたのに....(^-^;
1198sさまさまですね~。




当日、びしょ濡れのGパン履いたまま参加した座談会。
色々話した記憶はあるけど、結構登場してるな(^-^;
小澤さんはもっと話していた気がするけど、擬音での表現が多かったせいかあまり誌面に出てきていませんでした(笑

「S1000RRがカッコいい」というくだりがありますが、写真を見たときは「何だコリャ?」だったんですけどね~。
欧州車は結構写真写りが悪いです。
雑誌だけでなく、ぜひ店頭へ行って実車を見てみてください(^-^




「王座決定戦」なので、当然採点して順位をつけないといけないんですが、これは相当悩みました。

1198sオーナーでもあるんですが、なるべく中立の立場で公正にやったつもり。
順位=自分が買いたいか?ではありません。
誌面には出てこない、順位付けの言い訳をちょっと書きますね(^-^;

価格も重要な要素だとは思うけど、この辺の車両を買おうと思っている人なら多少高くても無理してでも買っちゃうのではないかと多少目をつぶり....(^-^;
実際自分も漢の7年84回ローンですし(苦笑


ジャパンリミッターで足枷が掛かっている車両ばかりだったんだけど、それは自己責任で解除できるのであまり深く考えていません。
(今考えると、それは合法が前提の雑誌記事の中での評価としてはまずかったのかな~? まいっか。)


結局1198sを1位に。
3,000以下は使えない、やたらに熱いという欠点はあれど、それを補って余りある楽しさ(空いている市街地を流しているだけでも)、ペースを上げても応えてくれる車体、眺めているだけで幸せになれる(?)カッコ良さ。
ってことで選択。
雨の試乗だったということで、そんな中でも普通に走れる意外な順応性も見られたのも良かったかな~。

2位は迷わずS1000RR。
BMW自身も認める日本車のコピー(いや、参考にしたって言っていたんだっけ?)だけに、扱い易さは際立っていました。
高回転のパワー、独特のスタイルも魅力。
でも、スロットルの異様な重さ(まるで昔のTMキャブが付いているみたい)と実用域のトルクのなさがマイナスだったかな~。

峠を走っていると、昔の2ストのようにパワーバンドを生かして乗らないといけないのが楽しいような辛いような。
1000ccのSSと考えると、これはないかな~と。

RSV4とF4は僅差で悩んだんですが....。

RSV4はSSでは久々のV4ってことで、ちょっと期待が上回って3位。

F4もカッコいいのは確かなんだけど、細部にコストダウンの痕跡が見られるのと、やっぱり先代の方がカッコいい!ってことで4位。
この車両はステップ位置が変な気がします。
1198sは後ろ過ぎるけど、こっちは前過ぎ。
下位に沈んだのは残念ですが、同着は許されなかったのでm(_ _)m

RC8Rは残念な最下位でしたが、編集長の別記事にあるとおり、ホンのちょっとペースを落としたところにこの車の楽しさがあるので、ひっちゃきになって飛ばすより、普段の街乗りからツーリング先のワインディングで楽しく乗りたい!という人にはうってつけだと思います。




あ~そうそう、P43でF4のウィンカースイッチが一番下に配置されていることに関して「ホンダの最新モデルでも採用しているのが興味深い」とありますが~、実はSUZUKIはこの配置、既に25年前に採用していたんですねぇ!

あの時は使いづらいと不評だったらしいですが....(^-^;

ホント、SUZUKIって「時代の斜め上を行く」メーカーだよなぁ....。



そんでもって、次回は上位2車(S1000RR・1198s)と、国産の上位2車での世界一決定戦みたいですよ~!!!

こちらも楽しみですね~(^-^





関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mizo916.blog31.fc2.com/tb.php/310-e664cbd6



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。