mizo's diary - Red -
DUCATI 1198s乗り、mizoのカオス日記。 紅い悪魔に今日も振り回される!!
プロフィール

mizo

Author:mizo

のTwoTopに今日も振り回される!!
[ 紅 ] Red Side:
1198s Side→
DUCATI 1198s 乗り、mizoのカオス日記。
ドカ以外のバイクの話題はBlue Sideにて。

[ 蒼 ] Blue Side:
GSX-R750RK Side↓
http://www.geocities.jp/mizo916/
日常に起こる色々なネタはBlue SideのDiaryにて展開中!
暇つぶしにどぞ。

どちらもお気軽にコメントください♪










最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハイスロットル
 
1198sのハイスロットル化。

別にレースベース車だからハイスロが偉い!とかハイスロなら乗りやすい!とかいうつもりはありません。
ハイスロにする=アクセルワークがシビアになる、ですからね~。
あと、特にレースキャブ車だとスロットルが重くなる。


イメージほどはいいことが少ない気がするハイスロットル。

なんでやろうと思ったかというと....カッコいいから!ってのは冗談で、握り方にも問題があるのかもしれないけど、手首の可動範囲が狭くて1198sノーマルの開度だとあと少しという所で握り直さないと全開にできない。
ハンドルの開き角が広いせいもあるのかもしれない。

というわけで、去年の早いうちから考えて準備だけはしていたんですが....エンジントラブルという予想外の事態が起きてしまい、ここに来てようやくの作業。

1198sのハイスロ化には各社からパーツが出ていて色々考えられるんですが、個人的にはお金がかからずスマートに済むのが一番。

で、最初はアクティブのテフロンスロットルを購入・加工して使用しようと考えていたんですが....。

ノーマルのスロットルホルダーがまたギリギリの作りで、アクティブのスロットルが外径がでかくて収まらない。
削って削って加工しまくって、ようやく収まるようにはなったんですが....。

....加工の仕方を間違えて、使い物にならなくなりました(T-T

いやぁ、いくつかタイコの収まる溝が用意されているんだけど、ちょうどいい所を選ぶと上手く回せるようにできないんですねぇ。
気付いたら変な所を削ってしまって....後の祭りorz

やれやれ。
加工の手間を除けば、一番部品代安いし、摺動抵抗の少なそうなテフロン製だし言う事なかったんだけど。
でも取り付けるには加工の後ワイヤーの遊び調整が間違いなく必要。


しかし、その後ダイスケさん情報で、とあるパーツがジャストフィット!

そんな話を聞き、しかもそれを付けた1098sに試乗させてもらう事が出来たので、それを採用することにしました(^-^




IMG_2839.jpg

コレです!

YAMAHA純正部品。
R1純正スロットルがポン付け!
こんな美味しい話があっていいのだろうか!?

パーツナンバー4YR-26240-02
近所のNap'sで注文。
確か\2,000しないくらいだったような。




IMG_2843.jpg

袋を開けると、スロットルパイプだけでなく、グリップラバーまで付いている。
しかもホルダーとゴムが干渉して動きが重くならないようにするワッシャーまで付いている!!!

ラバーの形状はM1にまで屈辱のHONDA製グリップを求めたロッシのために新開発したと言われるロッシグリップに似た形状。
確かコレ、一時期ロッシのM1にも付いていたような。
親指と人差し指の当たる部分は懐かしのTZグリップのような感触です。

このままでも十分な気もしなくもないが、何しろクラッチ側は既にHONDA製のグリップに換えてある。
右だけYAMAHA製なんて納得いかない!




IMG_2840.jpg

というわけで、買い置き....というか取り付けずに放置してあったHONDA製・通称ロッシグリップを引っ張り出してきました。
こっちの方がDUCATI純正のデザインに近いしね。




IMG_2847.jpg

お~、ゴム製だから、しばらく放置していると白く粉がふいたようになるんだな~。

このグリップに交換するため、エアを吹き込んでR1のスロットルからグリップラバーを抜き取ります。




IMG_2848.jpg

接着されていなかったので、綺麗に抜けました。
純正でこんなワッシャーが付いているとは。
さすがトップモデルというべきか?




IMG_2857.jpg

ノーマルのスロットル径は34.6mm。




IMG_2856.jpg

対してR1スロットルは36.6mm。

これで5.8%のハイスロ化が図れます。
1198sに付けた時の開度は測っていません。
今度測ってみるか。

グリスを塗って取り付けると、ワイヤーの遊びすら調整せずに、文字通りポン付け。
なんとあっけない!




IMG_2852.jpg

今回たまたま転がっていた64チタンボルトがあったので、ホルダーの固定ボルトをこれに交換しました(^-^
量ったように同じサイズが2本....。

重量は1本6gから3.8gへ。
微々たるもんですけどね(笑
ノーマルも頭を相当肉抜きして頑張って軽量化していますが....さすがチタン!

でもノーマルのスロットルホルダーは回り止めが付いているので、アルミボルトでも良さそう。




IMG_2860.jpg

で、元通り組み付けて....ワイヤリングして完成!

OZWAZA R&Dまで試乗してきましたが、操作には問題なし。
街乗りでも神経質になることなく操作できます。
ロッシグリップ独特の形状で操作しやすくなりました(^-^

まだ慣らしが終わっていない(あと120km!)ので、全開テストはしていませんが(笑


クラッチ側と同じく、グリップが短くなったのでハンドルバーが....アルミの地が見えちゃってます(T-T
バーとブラケット、ブラックアルマイト加工するか....。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク


この記事に対するコメント
>moto italyさん
真似大歓迎ですよ(^-^
大体私がすでにダイスケさんのパクリだし(笑

かなりいい感じですよ~。
【2011/01/17 14:59】 URL | mizo #GCA3nAmE [ 編集]

真似するかもしれません...
ご覚悟(笑)
【2011/01/16 19:55】 URL | moto italy #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://mizo916.blog31.fc2.com/tb.php/350-4d4e7892



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。